MENU
  • トップ
  • 当院について expand_more
    • 代表挨拶
    • 院内設備
    • 各院科受付時間
  • 外来診療 expand_more
    • 受診予約について
    • 診療時間と科目について
    • 予防接種について
    • アクセスについて
    • 各院駐車場について
  • 健康診断 expand_more
    • 定期健康診断/人間ドック
    • ワークパミット取得・更新用健康診断
    • 巡回/出張健康診断
  • 受診予約
  • アクセス
  • phone +66(0)2-107-1039
    9時~20時 (平日) /9時~18時(土日祝)
  • Language...
  • Language...

2024.01.08

肝臓病が進行してしまった場合の特徴的な4つの症状

肝臓病の一般的な症状として頻繁にみられるのが「疲れやすさ」「全身のだるさ」です。次いで多いのが「食欲不振」「腹部膨満感」です。更に進行すると以下の症状が現れます、この症状が現れた時は肝臓疾患がかなり進行しています。すぐに専門医の診断を受けましょう。

目次

黄疸(おうだん)とは
腹水(ふくすい)とは
肝性脳症(かんせいのうしょう)とは
血液凝固異常(けつえきぎょうこいじょう)とは
最後に



1.黄疸(おうだん)とは

肝臓の障害が起きて胆汁の通り道になる胆管が何らかの原因で塞がられると、血液中にビリルビンが増加します。
その結果ビリルビンの黄色い色素が皮膚や目の結膜に沈着し黄疸が現れます。



2. 腹水(ふくすい) とは

腹水は肝硬変の特徴的な症状ですが重症の急性肝炎にも見られます。
肝臓でのアルブミン合成低下によって、水分が血管から漏れやすくなり腹水を生じます。



3. 肝性脳症(かんせいのうしょう) とは

消化管由来の毒性のある有害物質が解毒できないので、意識障害を起こします。



4. 血液凝固異常(けつえきぎょうこいじょう) とは

重症の肝疾患の場合は血液の凝固因子の生成が低下するので、出血傾向が出て皮膚に皮下出血が現れたり出血がなかなか止まらないこともあります。



5. 最後に

万が一、このような症状が現れた時は肝臓疾患がかなり進行しています。すぐに専門医の診断を受けてください。


arrow_left

コラム一覧

アクセス

Access

住所:139, RQ49 Mall 4th Floor, Unit 541,
Soi Sukhumvit 49(Klang),
Klongton-Nua, Wattana,
Bangkok 10110