腸チフス
腸チフスとは

腸チフスとは、サルモネラ菌の一種であるチフス菌による感染症です。口から移る病気ですが、下痢はあまりみられず、菌が腸に入った後、血液中に侵入するのが特徴です。

接種が推奨されている国

アジア全域、アフリカ、カリブ、中央・南アメリカ

症状

腸チフス感染症の症状は感染して1~3週間は症状がなく、その後、頭痛、高熱、全身のだるさ、発熱時に現れる胸部、背中、腹部の淡いピンク色の発疹、便秘などの症状が現れます。熱が高い割に脈は遅く、重篤になると、腸から出血したり、穴が開いたりすることがあります。

感染経路

保菌者の糞便に汚染された水、氷、食べものを取ることで感染します。わずかの菌によっても感染することがあります。

予防方法

腸チフスはワクチン接種で予防することが可能とされていますが、現在日本では承認されていないため、外国からの輸入ワクチンを接種することになります。