腰痛とは

腰痛とは腰の骨(腰椎)や腰周辺の筋肉に痛みを感じる状態のことです。

腰痛の原因

腰痛の原因はさまざまですが、そのうち原因が特定できるものは15%程度といわれています。残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。

《原因が特定できる腰痛》

圧迫骨折、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄などがあります。その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。坐骨神経を圧迫し、腰だけでなく脚にしびれや痛みが生じる場合は「坐骨神経痛」とも呼ばれます。

《原因が特定できない腰痛》

画像検査などで腰痛の原因がはっきりと特定できない場合は、以下のような要因が関係していることも考えられます。また、こういった要因が複雑に合わさると、痛みが徐々に慢性化することもあります。

-身体的要因
 長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え性など
-心理・社会的要因
 ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など
-神経の障害

腰痛の治療

腰痛はさまざまな原因によって発症します。腰痛でお悩みの場合は、整形外科を受診し、命にかかわる病気がないことを確認することがまず大切です。医療機関では問診や診察、X線検査やMRI(核磁気 共鳴画像法)などの画像検査を行い、原因を調べることから治療が始まります。その後、原因にあった治療を組み合わせます。原因がはっきりしない場合は、心理・社会的要因や神経障害性疼痛の可能性 も考慮し、治療法を選択します。

腰痛の予防と改善

腰痛の予防には、腰周りの筋肉をやわらかくしておくことが大切です。腰痛体操にはいろいろな種類があります。自分が気持ちいいと感じる体操を無理のない範囲で取り入れてみましょう。普段から、予防を心がけることが大切です。ただし、激しい痛みがある場合は行わないでください。