お問い合わせ LINE友達追加

MENU
  • トップ
  • 当院について expand_more
    • 代表挨拶
    • 院内設備
    • 診療時間と科目
    • facebook
    • instagram
  • 外来診療 expand_more
    • 受診予約
    • 各種保険のご利用方法
    • 予防接種
    • オンライン診療
    • 麻疹について
    • アクセス
    • 各院駐車場
  • 健康診断 expand_more
    • 定期健康診断/人間ドック
    • ワークパミット取得・更新用健康診断
    • 巡回/出張健康診断
    • 健康診断問合せ    
  • 受診予約
  • アクセス
  • phone +66(0)2-107-1039
    9時~20時 (平日) /9時~18時(土日祝)
  • Language...
  • Language...
               

ケロイド治療

ケロイド治療について

ケロイドとは

ケロイドとは、外傷などの修復後に身体に残った傷あとのことを意味します。身体に残る傷あとにはどのような種類があるのでしょうか?ここではケロイドを含む、一般的によく見られる傷あとの種類についてみていきましょう。


傷あとの種類

1.平らな傷あと(瘢痕)
ほとんど平らの傷あとで、上の方の皮膚はしわくちゃに見える傾向があります。このタイプの傷跡は、組織が自己修復して新たに太い組織を作る治癒プロセスによって生じます。

2. 盛り上がった傷あと(肥厚性瘢痕)
元の傷よりも大きく盛り上がった瘢痕。このタイプの瘢痕は、組織が修復され、余分な組織が過剰に作られることによって生じる。

3. 陥没した傷あと(萎縮性瘢痕)
水疱瘡やニキビなど、何らかの原因で皮膚に多くの炎症が生じた場合に生じる瘢痕。

4. ケロイド
盛り上がった傷跡に似ていますが、傷跡の元となった傷よりもはるかに大きく成長します。

5.瘢痕拘縮
通常、火傷によってこのタイプの瘢痕が生じます。組織が修復されると、その部分が硬くなったり、太くなったりして、その部分の動きが制限されることがあります。

6.伸縮の跡
結合組織が壊れることで起こる伸縮の跡です。原因としては、思春期の成長の早さ、体重の減少の早さ、妊娠などが考えられます。

そして、その中でも「ケロイド」はその大きさと色から、美容面での影響が最も大きい傷跡です。ケロイドは皮膚上でより大きく、より目立つ色をしています。

では、ケロイドについてもう少し詳しく説明しましょう。


ケロイドに関するQ&A

Q:ケロイドはどのような症状ですか?
A:巨大で盛り上がった傷跡で痛みやかゆみがあります。


Q:ケロイドはどこにできますか?
A:上背、胸、耳、肩


Q:ケロイドはどのように治療するのですか?
A:治療法には、医療用注射、凍結手術、放射線、手術などがあります。それぞれの治療法には限界がありますので、皮膚科医が患者さんごとに適切な治療法を選択する必要があります。もしあなたが、ケロイドような傷あとにお悩みでしたら、ご遠慮なく私たちにご相談ください。

より早く治療を受ければ受けるほど、より治療の効果を高めることに繋がります。


arrow_left

トップへ戻る

33/1院

Access

住所:593/29-41 Soi Sukhumvit 33/1,
Sukhumvit Rd., Khlong Tan Nua,
Watthana, Bangkok 10110

49院

Access

住所:139, RQ49 Mall 4th Floor, Unit 541,
Soi Sukhumvit 49(Klang),
Klongton-Nua, Wattana,
Bangkok 10110