MENU
  • トップ
  • 当院について expand_more
    • 代表挨拶
    • 院内設備
    • 各院科受付時間
  • 外来診療 expand_more
    • 受診予約について
    • 診療時間と科目について
    • 予防接種について
    • アクセスについて
    • 各院駐車場について
  • 健康診断 expand_more
    • 定期健康診断/人間ドック
    • ワークパミット取得・更新用健康診断
    • 巡回/出張健康診断
  • 受診予約
  • アクセス
  • phone +66(0)2-107-1039
    9時~20時 (平日) /9時~18時(土日祝)
  • Language...
  • Language...
  • トップ
  • /

  • 眼精疲労とは?発光モニターに注意。目薬やストレッチでストレスなき生活を@バンコクDYMブログ

眼精疲労とは?発光モニターに注意。目薬やストレッチでストレスなき生活を@バンコクDYMブログ

自宅ワークが増え生活習慣が変わる事で眼精疲労(がんせいひろう)に黄色信号が付いています。 対策として、しっかりと睡眠、目薬、発行モニターの長時間の閲覧に注意し、適度なストレッチを行う自己健康管理が注目されています。

目次

眼精疲労とは
もしかして眼精疲労?
できる範囲で対策を!
まとめ



1.眼精疲労とは

 近年、スマホやパソコンの普及によりわたしたちの生活はより豊かになりました。1日中パソコンを使用したデスクワークや、寝るまでスマホをチェックしてしまうなんていう方も多いのではないでしょうか。だんだん目に疲れを感じたり、肩が凝ったり夜眠れなくなったりするひともいらっしゃるかもしれません。目を酷使し続けると、このような症状が起きることがあります。単なる目の疲労として済ませてしまう人も多いでしょう。

 しかし、この状態を放置してしまうと症状がより悪化し心身ともに何らかの病気を引き起こす可能性もあるようです。これは眼精疲労と呼ばれているそうです。


2.もしかして眼精疲労?

 眼精疲労を起こしやすいと言われている要因のひとつに、ドライアイがあると言われています。ドライアイを知っている人は多いかもしれません。まばたきの回数が減ることにより目の水分が減少し、目がゴロゴロしやすくなり痛みを感じたりすると言われています。実は日々の生活習慣と関りがあるようで、十分に睡眠時間を確保できなかったり、パソコンなどを長時間見続けるとストレスを感じドライアイ症状が出やすくなるそうです。
 もうひとつ考えられる要因は先ほども挙げた発光体を長時間見続けることで起こるタイプです。目の筋力が固まりやすくなり疲労感をおぼえたり視力が低下したりするようです。目の疲れを訴え、眼科を訪れる方はこのようなケースである場合が多いと言われているようです。
 それだけでなく老化によって引き起こされる場合もあるようです。いわゆる老眼です。老眼とは近くにあるものが見えにくくなると言われています。そのため、無理に見ようとすることで集中的に目の筋肉をつかい疲労感につながってしまいます。



3.できる範囲で対策を!

 できる限り、対策をとることで目にストレスを感じさせないことが大切です。 例えば、長時間パソコンを使用した業務をおこなっているひとは、こまめに休憩をとるように心がけましょう。まずは目を休めることです。あるいは定期的に目を左右に動かしたりして、目の体操をおこなうといいかもしれません。そうすることで目の筋肉がほぐれやすくなると言われています。目だけでなく、作業中の姿勢も見直してみましょう。デスクワークをしている人だと長い間、座りっぱなしという状態が大いに考えられます。体全体がかたまって血行が悪くなってしまう可能性もあります。伸びをしてみたり軽くストレッチするのもいいかもしれません。正しい姿勢で作業できるように心がけましょう。
 そのほかにも夜、寝る前にスマートフォンを使う人は明るさに注意しましょう。また、暗いところでTVなどを見るのは控えましょう。目薬も効果的かもしれません。 目の疲れは次第に首や肩に症状が表れる場合もあります。全身に広がるリスクもありますので目からくる疲労感はよくあることだからと軽くみないで、ケアしてあげましょう。



4. まとめ

 眼精疲労は現代社会に生きるわたしたちだからこそ気を付けなければなりません。パソコンをはじめとするTVなどの発光体がある環境が当たり前となっています。わたしたちが日常生活で何気なく使っているパソコンやスマートフォンなどは、実は目に多くの負担がかかっているということを知っておく必要があります。首や肩こり、頭痛や吐き気をもよおすこともあるようです。目の疲れが原因で様々な病気を引き起こすリスクもあるのです。ですので、こまめに休憩をとり目を休めることを意識しましょう。しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。目の健康を考え、少しでも日々のストレスなどを減らしていけるようにできることからはじめましょう。


arrow_left

トップへ戻る

アクセス

Access

住所:139, RQ49 Mall 4th Floor, Unit 541,
Soi Sukhumvit 49(Klang),
Klongton-Nua, Wattana,
Bangkok 10110