水ぼうそう
水ぼうそうとは

水ぼうそうは、ウイルスに感染して起こる感染症で、発熱と全身に強いかゆみを伴う発疹が特徴です。水ぼうそうにかからない子どもはほとんどいないといわれるほど子どもにはよく見られる病気で、感染から発症までの期間は2~3週間。発疹が現れる1~2日前からすべての発疹がかさぶたになるまでの期間感染力があるため、登園等には注意が必要です。

主な感染源

水ぼうそうにかかった子供の咳やくしゃみからウイルスからの飛まつ感染のほか、水ぶくれの中にウイルスが入っているので、水ぶくれの中の液に接触することによっても感染します。

水ぼうそうウイルスの感染力は非常に強く、兄弟の1人が感染すると、90%以上の確立で兄弟にも感染の可能性があり、保育園や幼稚園などでも集団発生になることが多い。

症状

特徴は、強いかゆみのある発疹が出ることで、熱は高く出ることも出ないこともあります。特徴としては、赤い米粒大の発疹が1つ2つあらわれることから始まり、 半日から翌日までに全身にあらわれ、早く出た発疹からしだいにプチプチと水を持った水ぶくれに変化し、その後1~2日で膿疱(うみのような白っぽい濁った液 を持つ発疹)に変わります。赤い発疹は虫刺されにも似ているので、水疱ができて初めて病気に気づくケースもあります。
発疹は胸や背中、おなかなどから始まりますが、徐々に顔、手足、手のひらや足の裏、口の中、髪の毛の中、陰部にも広がっていきます。発疹のかゆみはひどく、子どもの機嫌は悪くなります。
3~4日たつと、水疱は乾いてかさぶたになり、かゆみもおさまっていきます。かさぶたが取れると多少跡は残りますが、徐々に目立たなくなります。
感染から症状が出るまでの潜伏期間は約2週間。うつりやすいのは発疹の出る1~2日前から発疹がかさぶたになるまでの期間です。通常、保育園の登園には登園許可が必要です。

予防方法

水ぼうそうはワクチン接種によって予防することは可能ですが、定期接種ではなく任意接種のひとつになるため、費用は実費になります。

また、水痘の子と接触してから3日以内にワクチンを接種すれば予防することができるとされていますが、100%ではありません。