院内の清掃と感染対策に関して

当院では患者様と医療スタッフ間や、患者様同士の院内感染を防ぐため、下記の対策をとっております。以下、当院での具体的な防止策をご紹介させて頂きます。

■予防■

1、手袋着用前後に殺菌作用のある洗剤、石鹸で手洗いを徹底しております。
2、清掃・消毒の際にはマスク及び、使い捨て手袋を着用し、使用後は医療廃棄物として廃棄して
  おります。
3、手袋は外科手術にて使用する滅菌のもの(ステリレ)を使用しております。

■清掃■

1、朝夕に、殺菌用洗剤(4.8% クロロキシレノール、手足口病のウィルスなどに有効、バクテリ
  ア・藻類・真菌などを抑制するために用いられる抗菌性化合物)を使用して床を掃除しており
  ます。

2、腕を置くなど肌に触れるもの(医師の机や椅子、診察台など)の表面は上記のクロロキシレノー
  ルの他、一般的な感染症のウィルスやインフルエンザ・ウィルスに対しての殺菌作用がある、エ
  チル・アルコールをスプレーすることで清潔さを保っております。

■医療器具の管理について■

1、縫合針をつかむ持針器、医療器具を挟む器具、抜糸用ハサミなど医療処置に使用する医療器
  具は以下の通り、衛生的に管理しております。

  洗剤と水での洗浄
  1リットルの水に高レベルの殺菌作用の液体 (ゼタル・ウルトラ 10ml) を混ぜ、20分間
   浸すことで殺菌します。
  殺菌した日を正確に記録し、使用しなかった器具についても一週間に1度の割合で殺菌
   を行っております。

2、その他、口腔内に使用する鏡や、コップ、舌圧子などの医療器具についても第1項と同じく衛生
  的に管理しております。

3、煮沸消毒に適さないプラスチックの医療器具等は、ゼタル・ウルトラなどの殺菌消毒液に60分浸
  した後、殺菌された衛生的なケースで管理を行っております。

皆さまに安心してご利用頂けるクリニックを目指して、今後も院内の衛生管理を徹底して参ります。