おたふくかぜ

  • おたふくかぜとは

    おたふくかぜウイルス(ムンプスウイルス)によるVPDです。かかっても軽症の場合が多いのですが、重い合併症を引き起こすことも多いのでワクチンによる予防が重要です。自分の子どもだけは重症にならない、という保証はありません。

    主な感染源

    感染は飛沫感染、接触感染によりますので、おたふく風邪に感染している人の咳やくしゃみ、感染している人と共通のタオルを使用することなどで感染します。感染がよく見られる年齢は2歳から12歳くらいのお子さんですが、他の年齢でも(大人も含めて)感染します。また、春から夏にかけて感染者の増加がみられます。

    症状

    2~3週間の潜伏期の後に、両方またはどちらかの耳下腺がはれてきます。触ってもはっきりしたしこりに触れるわけではありませんが、家族など周囲の人が見 るとはれているのに気がつきます。しばらくすると反対側もはれてきます。発熱は起こることも、起こらないこともあります。症状が出ない(不顕性感染)場合 もあります。またおたふくかぜ以外でも、耳下腺が腫れることもあります。周りでおたふくかぜが流行しているかどうかも診断の助けになります。

    予防方法

    おたふくかぜワクチン(任意接種・生ワクチン)で予防します。おたふくかぜはかかっても軽症の場合が多いのですが、重い合併症を引き起こすことがあるので、ワクチン接種が重要です。