膀胱炎

  • 膀胱炎とは

    膀胱炎とは、大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。細菌の感染は、細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。もともと尿には少量の細菌が存在しており、また膀胱は細菌への抵抗力があるのですが、疲労やストレスなどで体力が落ちてくると身体の抵抗力は弱まってしまいます。そこで細菌感染することや、膀胱内のもともとの細菌が増殖 することで膀胱炎になります。膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などで、その中では大腸菌が原因菌の80%前後を占めています。

    症状

    膀胱炎の主な症状は、「何度もトイレに行きたくなる」、「排尿後に痛みがある」、「残尿感」、「尿が白く濁ったり、血が混じることがある」などです。初期 の膀胱炎の場合、トイレに行く回数が増えます。尿意を感じ、1日10回以上トイレに行くようになりますが、排尿してもスッキリせず、残尿感が残ります。 尿が白濁したり、時には血が混じっていることもあります。排尿の最後の方や、排尿後に沁みるような痛みを伴ってきます。

    膀胱炎は女性に多い病気です。女性は尿道の長さが短く、男性の3~4分の1程度しかなく細菌が侵入しやすいためです。感染を防ぐためには下半身を清潔に保つこともポイントの一つになってきます。

    感染経路

    感染経路という点では性交渉などもあげられます。性交渉の前後ではシャワーを浴びるなど体を清潔に保つことが大事です。また排尿の回数を増やすように心がけることも大切です。尿には体の不要なものを排出する役割に加え、自浄効果があります。細菌を洗い出すという点ではとても効果的です。

    治療

    ほとんどの膀胱炎は細菌感染症なので、抗菌薬(セフェム系やニューキノロン系など)の服用が必要です。3日間ほどの経口内服薬で、症状は劇的に改善します。

    頻尿や排尿痛のために排尿することを嫌がり、水分をあまり摂取しない患者さんがいますが、膀胱内の細菌を洗い流すために尿量を増やす必要があるので、水分を十分に摂取することが大切です。

    予防

    膀胱炎は、一度なると、繰り返すことが多い病気です。発症したことのある人は、再発しないように、膀胱炎の経験のない人は、発症しないよう に予防することが大切です。膀胱炎の予防として、「菌を入れない」、「菌を増やさない」、「身体の抵抗力を落とさない」ことが挙げられます。

    「菌を入れない」というのは、膀胱の中に菌を入れないということです。特に女性は、尿道と膣や肛門が近くにあり、菌が入りやすくなっています。生理 ナプキンやおりものシートは、3時間おきなど、こまめに交換するようにします。また、外陰部を清潔に保つように心がけ、排便後はお尻を前から後ろへ拭くよ うにしましょう。性行為をする場合、行為前には、自分も相手も、シャワーを浴び、身体や手指を清潔にし、行為後は排尿する習慣をつけ、尿道や膀胱に入った 細菌を排出するようにします。

    「菌を増やさない」というのは、膀胱内で菌を増やさないということです。膀胱に貯まっている尿には菌がいます。トイレは我慢せず、尿意がなくても、3~4時間ごとにトイレ に行く習慣をつけ、膀胱内の細菌を早めに排出するようにします。また、排尿をスムーズにするためにも、水分をたっぷり摂るようにしましょう。

    「身体の抵抗力を落とさない」ことは、膀胱炎だけでなく、他のいろいろな病気にならないためも大切なことです。ストレス や無理なダイエット、過労などは避け、身体を健康に保つように心がけましょう。他にも、冷え性などで下半身が冷えると、膀胱や膀胱の周りの機能が鈍くな り、排尿回数などが少なくなり膀胱炎の起因になることがあります。膀胱内の粘膜の温度が冷え性などで32℃以下になると、膀胱内に細菌が入ってきた 場合、細菌が繁殖・感染しやすい環境になりますので、身体を温めることを心がけましょう。