お医者さんとする禁煙外来


禁煙外来では、まずはじめに喫煙状況をチェックします。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。医師と二人三脚で禁煙をすることで、より客観的な自身の禁煙に向けた進み具合が数値化され、楽に禁煙することができます。

平成18年に厚生労働省は、ニコチン依存症を病気と認定し、登録医療機関での禁煙治療にのみ保険給付を認めております。喫煙により肺癌・肺気腫や、脳梗塞・心筋梗塞などの心血管病を増加するばかりではなく、大切な家族や友人の健康まで損なってしまいます。禁煙を考えているが、止める自信がない方。一度禁煙したが、また吸い始めてしまった方は是非、ご相談下さい。禁煙のための補助薬(チャンピックス)や、ニコチン製剤(ニコチンパッチ)を取り扱っておりますので、その方にあった治療を行います。

ニコチン依存症

タバコを止められないのは、タバコの煙の中に含まれるニコチンという物質の持つ強い依存症が原因です。 この様な喫煙習慣は、最近では「ニコチン依存症」といわれ、治療が必要な病気とされています。ニコチンが脳内のα4β2ニコチン受容体に結合すると、ドパミンが放出され、喫煙による快感と喫煙行動の強化が生じ、依存症につながります。

ニコチンを含まないお薬(チャンピックス)
  • ニコチンがふくまれていない。
  • 肌の弱い人でも使用できる。
  • 職業柄ガムをかめない人や、顎や歯の問題でガムをかめない人でも使用できる。
  • 飲むだけで簡単

ニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)での禁煙治療が可能になりました。この飲み薬は、イライラなどのニコチン切れを軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくなります。

通常の服用期間はおよそ12週間です。治療開始直後はタバコを吸いながら薬の服用を始め、8日後から禁煙を開始します。

ニコチンパッチを使用した治療法

従来の禁煙治療としてニコチンパッチを使用した治療法もしております。ニコチンパッチとは、ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。1日1回腕やお腹、背中などに貼ります。

通常の服用期間はおよそ12週間です。治療開始直後はタバコを吸いながら薬の服用を始め、8日後から禁煙を開始します。

チャンピックス、ニコチンパッチのメリット・デメリット

当院には従来型のニコチンパッチやニコチンガムか、ファイザー社から販売されたバレニクリン(製品名:チャンピックス)という服用薬のいずれかを使用します。

それぞれ下記のような特性があります。

 ニコチンガム
【メリット】
手軽に始められ、薬局で購入できる。
症状にあわせて数量の調整が容易に出来る。
ニコチンを摂取しながら禁煙を行うため、離脱症状が軽減される。
【デメリット】
禁煙成功率がそれほど高くない。(30%程度)
稀にニコチンガム依存にかかる。
 ニコチンパッチ
【メリット】
簡単にできる。
ニコチンを摂取しながら禁煙を行うため、離脱症状が軽減される。
【デメリット】
肌がかぶれることがある。
聞くまでに時間が掛かることがある。
禁煙成功率がそれほど高くない。(30%程度)
稀にニコチンガム依存にかかる。
 チャンピックス
【メリット】
成分にニコチンを含まない。
禁煙時に発生する『吸いたい』という切望感を減らす効果と、喫煙時の満足度の低下という両面から禁煙を促すことが出来る。
禁煙成功率が高い。(65.4%)
【デメリット】
値段が他の手法に比べやや高い(日本だと社会保険不利用で、12週間でおよそ56,000円)
副作用に吐き気を訴える人がいる。

  • ニコチンパッチの利用の流れ

    ■禁煙1~6週目
    ・1枚あたり1日のニコチン放出量(供給量)は14~15mg
    ・6週間以降、禁煙によるイライラなどの症状がなくなり、禁煙を続けられる自信がある場合には、ニコチンパッチの使用を中止できる。

    ■禁煙7~8週目
    ・1枚あたり1日のニコチン放出量(供給量)7~10mg
    ・7週目からはより小さいサイズのニコチンパッチを貼る。これで禁煙が順調に続くようなら、様子をみながら8週目にパッチの使用を停止する。

    ■禁煙9~10週目
    ・1枚あたり1日のニコチン放出量(供給量)5mg
    ・ニコレットパッチを使用している場合は、さらに2週間分(禁煙9~10週目)のニコレットパッチ3(ニコチン放出量5mg)が準備されている。
    ・禁煙によるイライラなどの症状が残っていたり、禁煙を続けられる自信がない場合に使用する。

  • ニコチンガム(二コレット)の利用の流れ

    ■使用個数の目安

    ・禁煙4週まで
    1日の喫煙本数31本以上の人…1日9~12個
    1日の喫煙本数21~30本・・・6~9個
    1日の喫煙本数20本以下・・・4~6個です

    ・禁煙4週以降
    4週以降からは徐々に個数を減らし、1日1~2個になったら使用を中止してみてください。たいていの人は、この方法でとくに問題もなくガムをやめることができます。もし、ガムを中止してみてつらいようなら、使用を再開してもかまいませんが、 その場合も3カ月以内にはガムをやめるようにしましょう。

  • チャンピックスの利用の流れ

    【禁煙開始から、服用停止まで】
    ①0週間(禁煙一週間前)
    禁煙開始予定日の1週間前からチャンピックスを服用し始めます。

    ②1週間
    服用8日目から禁煙してください。自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ってください。

    ③2-12週間
    チャンピックスを計12週間服用します。

    ≪備考≫
    ・飲み始めの1週間は喫煙しながらチャンピックスを飲みます。
    ・薬の量は徐々に増やします。

    【服用量の変更方法】
    ・禁煙できたと考えて途中で服用をやめず、医師の指示どおりに服用を続けてください。
    ・必ず食後にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用してください。

トンロー院
所在地:
トンロー soi13 日本村モール前
診療時間:
午前09:00~13:00
午後
14:00~18:00
休診日:1月1日、ソンクラーン休暇中、12月31日
診療科目:
小児科、一般内科
33/1院(フジスーパー1号店前)
所在地:
スクンビット soi 33/1のフジスーパー1号店向かい
診療時間:
午前09:00~13:00
午後
14:00~18:00
休診日:1月1日、12月31日
診療科目:
内科、小児科
39院(フジスーパー2号店の3階)
所在地:
Citi Resort 39(フジスーパー2号店が入居するビル)の3階
診療時間:
午前09:00~13:00
午後
14:00~21:00
20:30最終受付)
休診日:1月1日、ソンクラーン休暇中、12月31日
診療科目:
内科、小児科
02-107-1039

当院では各種クレジットカードを
ご利用頂けます。



*
*