医師のご紹介

常勤医師

クワン医師

DYM International Clinic Map

Dr.Wilasinee

  • 経歴
     -マヒドン大学シリラート病院卒業
     -ホアヒン病院勤務
     -シリラート病院勤務
     -DYMインターナショナルクリニック勤務
  • 得意な診療
     -一般内科、総合診療

  • 今年の目標
     -日本語の習得

  • 趣味
     -エクササイズ、読書

 - チームワークを活かして一人ひとりにあったサポートを -

内科医のクワンと申します。私はメイ先生や、副院長であるタクソーン先生と同じ大学病院で医学を勉強しました。実は私は医学部に行く前に、学校で日本語を勉強していました。その後医学部に進学したため、忙しくなり日本語の勉強は一旦ストップしました。しかし今年に入ってから副院長に当院での仕事を紹介してもらい、また週に1回日本語の勉強を再開いたしました。

そして今回はただ語学を習得する機会を得ただけでなく、それが患者様とのコミュニケーションの助けになることで、より一層意欲を燃やしています。当院はスタッフ達が皆仲良しで、非常に良い環境で仕事をさせてもらっています。スタッフ同士が仲がよいことで、強いチームとして患者様にもよいサービスをご提供できると思っています。

まだまだ日本語は再開したばかりで上手ではないかもしれませんが、通訳も常駐していますし、一生懸命治療や予防をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

日本語通訳のご紹介

日本語通訳

鬼頭 智子

DYM International Clinic Translator

Kito Tomoko

  • 経歴
     -日本語講師(2年)
     -児童自立支援専門員
     -シュタイナー園代表、兼教師(6年半)
     -タイ日医療通訳(3年)
     -DYMインターナショナルクリニック勤務

  • 言語
     -日本語、タイ語
  • 趣味
     -ジョギング、木工、マクロ
      ビ系お料理作り、カフェで
      村上春樹
  • 大事にしていること
     -日々生かされてることに
      感謝する

 - お母さん目線で医師との架け橋に -

通訳になる前は、タイの高校生に日本語教えたり、日本で非行の子どもたちと関わったり、シュタイナー系の幼稚園を開いたり、、、と教育関係に長年携わってきました。それらの経験は、今も私の人間観の原点です。それらは形は違っても意思の疎通が難しい、という点において困難を感じることが多々ありました。
たかが言葉、されど言葉。。。言葉が人と人とのGAPと埋める重要なツールであることは間違いがないものの、言葉だけではないのも事実です。日本人通訳として言葉だけでなく、その背景にある患者様お一人お一人の思いをもドクターにお伝えできますよう日々努力しております。この通訳の仕事がバンコクで暮らす皆様の医療面での不安を軽減する一助になれば、それは私にとっても大きな喜びです。

ちなみに通訳は副業であり、本業は「お母さん」をしております(笑)。子どものこと、タイ語のこと、タイ社会への謎?など、お気軽にお話いただければうれしく思います。よろしくお願い致します。